なぜ車の査定相場はバラつきがあるのか?

なぜ問い合わせた査定相場はバラバラなのか?

とある車があるとしよう。車の査定において相場を買取店に尋ねると、必ずこのような返答になって返ってくることが多い。

 

「50万円〜70万円くらいです。」

 

正直、問い合わせているほうからしても、50万円と70万年では全く違うのだが、怖いのは、それすら買取店によって違いすぎることだ。

 

「90万円前後です。」

 

「最低でも50万円であれば」

 

こういった様々な返答になってくると、この車がいくらで売れるであろうかは検討もつかない。

 

しかし、多くの場合は、この返答の前に必ずこうひとこと言われているはずである。

 

「車を見なければなんとも言えないですが・・」

 

確かに車を見なければ約束はできるものではないのだが、実際には、直接車を見なくとも、あなたから伝わる情報が間違いでなければ、おおよそはわからなくもないのです。

 

業者同士で取引する際は、お互いに知識がありますから、現車なんていちいち見ることもなく価格を決めてから見にいきますからね。

 

さて、この、なんとなく見積もりには、買取店の様々な思惑が見え隠れしています。だいたいこいったことでしょうか。

 

・とりあえず高い価格を言っておけば来店してくれるかも?
・後から安く買いたたくのは難しそうだから安い価格でつついてみるか・・
・的を得た価格で幅を持たせておこう・・

 

では、ひとつずつ解説を入れていきましょう。

 

とりあえず高い価格を言っておけば来店してくれるかも?

まず、高めの、なんとなく見積もりをしてくる人は、絶対にこのパターンです。とりあえず、高い価格で言っておかないと、あなたは最初からうちを候補に入れてくれません。

 

もし、他のお店にも問い合わせして、うちだけが少し安い価格で話をしてしまったら、最初から査定すらさせてもらえるかもわかりません。

 

でも、とりあえず一番高い価格で言っておけば、ライバル店はあるにしても、うちは候補にあがってきます。

 

当然、あとから、あーだ、こーだと安くするための理由をつけて値切られますけれど・・。

 

後から安く買いたたくのは難しそうだから安い価格でつついてみるか・・

できる人にはこういう人もいる。のっけから、あなたに相手されなくなるのをわかっているけど、あえて安い価格を言っちゃうんですよ。

 

でも、翌日にしっかりとフォローとかくる。あなたは、まっさきに、いい価格を言ってくれた店に言って、あーだこーだ言われて、少し嫌な気分になってるところで、そこから現れてきます。

 

もともと安く言ってるから、後から価格を増やすには、あなたにとっても悪い気がしないし、後出しでかっさらいやすいというメリットもある。

 

しかし、最初に安いという印象が強くつくと、相手してもらえないこともあるので、諸刃の剣。

 

的を得た価格で幅を持たせて査定額を提示してくる

 

で、結局のところは、ここに落ち着く。高いとも安いともとれる価格にしておけば、相手にそこそこに誠実に対応できているからである。

 

しかし、全員がそうなってしまっては、突出したものがないこともある。あなたが希望している価格にも満たない場合は、そんなもんなら売るの辞めておこうという流れになることも。

 

結局のところまともに買取店が査定の相談を受けているのかは別である

 

ちょっと、買取店目線で説明したのでわかりにくいかもしれませんが、なんとなく問い合わせした返答がバラバラになるのも無理はありません。

 

そもそも、買取店側も、あなたの車を買取ったあとに売るワケですけど、いくらで売れるかなんてのはだいたいでしかわからないのです。明確にいくら儲かるなんて図式はありません。

 

しかし、あなたからの問い合わせを確実に次につなげるためには、それ用の答えを用意しておかなければ、話しそのものがなくなってしまいます。

 

つまり、いろんなタイプがいるとは言うものの、なんとなくの問い合わせに対しては、高い価格で査定額をいうことのほうが多いです。そうでないと、話がそこで途切れますから。

 

実際には、なんとなくの問い合わせに対しては、あなたと交渉しているというよりも、次につなげるために、ライバル店に出し抜かれないようにしなければいけないといった、買取店側の都合のほうが大きいでしょう。

 

競合店がひしめく中では、場合によっては車を売る側のあなたが振り回されることもあるでしょう。的を得た回答が返ってくることは少ないですから。つまり、なんとなくの問い合わせは不要とも言えます。

 

最初から、しっかりと査定してもらって、それから断るでいいかと思いますよ。売買契約を結ばなければ、いつでも交渉を引く権利はあなたにありますから。

 

関連記事)
1番高い車査定会社はどこだ?
車を売るならどこがいいのか?という疑問に潜む間違い


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法