【車査定比較】A社の査定よりB社が30万円高いなんてあるワケ?

【車査定比較】A社の査定よりB社のほうが30万円高いなんてあるワケないだろって話し

車の査定は比較しないと損するというのは確かですが、A社よりもB社が30万円高く買ってくれたとか、あやうく損するところだったとか、いやいや、さすがにそれは無いですよと言いたい。

 

査定価格を決めるのは相手の自由ですから、査定価格に差異があることはありますが、それはせいぜい数万円のはずです。

 

そもそも、車の価値というものも、ある程度の基準や範囲といったものがありますから、査定価格が30万円も違うなんてことは起きないハズです。

 

どうして大幅に査定価格が違うのか?

 

考えられる理由はひとつしかありません。

 

A社よりB社のほうが30万円高い査定をしたのであれば、A社は、あなたを騙そうとしていただけです。

 

B社がすごく高く買ってくれるお店だったとかいう発想は捨てていいです。そもそも、A社であろうが、B社であろうが、はたまたC社であっても、あなたの車を買い取った後に転売すれば、同じ価格でしか売りようがありません。

 

もし、他の会社よりもA社が30万円も安い査定価格を言うのであれば、それは単に、あなたを騙そうとしているだけなのです。

 

 

間違えて査定をしたのではないだろうか?

 

査定する人間が、間違えて査定をしたのではないという想像もできるでしょう。車は、同じ車種であってもグレードが違えば、新車であっても100万円違うこともあります。査定の際に何かを間違えれば、それは起きるかもしれません。

 

しかし、私は逆だと思います。グレードが多様化していることが、ユーザーの相場観を鈍らせるために、査定価格をよりわかりにくくしています。

 

査定する側はプロですから、間違えません。しかし、あなたに騙そうとしたことがバレれば、「あ、すいません。間違えてました」と言い訳には使えます。

 

 

 

安い査定価格を言うのは詐欺ではない

 

勘違いしてはいけないことは、あなたがB社の査定価格を知らずに30万円安い価格でA社との契約を交わしたとしても、これは詐欺でも何でもありません。

 

A社は、買取価格として提案した査定価格に、あなたが納得して契約を交わすのは、そうほうの合意の上で取引きをしているに過ぎないからです。

 

安易に契約を交わさないことと、数社の査定価格を見積りすることの必要性を、今いちど持って欲しいと思います。

 

 

今一番高い買取価格がわかります!
安心の実績「ズバット!」はこちら

 

 

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法