ローンが終わってない車を売るには

ローンが終わっていない車を売るには

 

あの〜。車買い替えたいのですけど、実はまだローンが2年くらい残っていて・・。ローンの途中でも、車買い換えたり、売却したりと可能なのですかね?


 

 

はい大丈夫ですよ。ローンが終わりきっていなくても、車買い換える人は、たくさん居ます。どういう手順を踏むのか説明しましょう。


 

まだ支払いが終わっていないのだけれども、車を買い替えたいと思う人もいると思います。

 

ローンがまだ終わってなくても売却可能のパターンや、あまり知られていない、払いが終わっているのに、すんなりと売れないってパターンについて書いてみました。

 

そもそもローンが残ったままの車を売却することはできるの?

 

ローンが残っているままに車を売却することはできるのか?これは、二通りのケースに別れます。まずは、今、自分が乗っている車の車検証を見てください。

 

車検証をよくみると、「所有権」と「使用者」という項目があるはずです。この「所有権」が、ローンが残っていても車が売れるかの重要なポイントになります。

 

 

あなたの車ですから、普通に考えれば、所有者はあなたで、その権利である所有権もあなたなのですが、、車をローンで購入した場合には、所有権が自分の名前でなく、ローンを組んだ信販会社のものになっていることがあります。

 

これは、実質には、車の所有権は信販会社にあり、正確にいえば所有権はあなたにはありません。意外にも、多くの人がこのことを知らないために、車を売るときに車検証を見てはじめて知ることになる人も多いです。

 

ただし、ローンを組むと必ず所有権が自分になっていないということはなく、銀行などでローンを組んで車を購入すると、所有権まで求められることなく、あなたの名前で車検証ができていることもあります。

 

 

ローンが残っているかよりも所有者の譲渡証が手に入るか?

 

所有権が自分であるか、信販会社であるかでは全く手順が異なることになります。

 

 

所有権が自分の場合

 

車のローン残ったままだけど売れる男性

 

所有者が自分であれば、ローンが残っている、いないに関わらず、あなたの譲渡証明書を用意することで車は売却することができます。

 

もちろん、車が手元を離れても、ローンはそのまま残ったままですから、きちんと払い終えるようにしましょう。車を売って入ったお金で残金を精算することもできます。

 

 

 

 

所有権が信販会社の場合

 

ローンが終わってない男性

 

所有権が信販会社の場合には、車を譲渡するための書類を信販会社に用意してもらわなくてはいけません。これを、「所有権の解除」と呼んでいます。

 

信販会社のほぼ全ての会社が、ローンの完済後にこれらの書類の用意に応じてくれる形になります。つまり、所有権が自分にない車の場合は、ローンが残ったまま車を売ることは、基本的にはできません。

 

 

ローンが残っていても買取店で車は売却できるの?

 

まとめて残りのローンを払うことで、所有権の解除には応じてもらえますが、現実には、車を売ることでしかお金が入ってくる予定がない人もいるでしょう。

 

車の買取店などでは、あなたの車のローンの残高よりも、車の査定価格が多ければ、買取店から信販会社へ残債の精算を済ませて譲渡証明書を貰うことができます。

 

あなたには、査定価格からローンを精算したお金を差し引いて、お金が振り込まれます。

 

 

しかし、査定価格が、ローンの残高よりも不足することもあるでしょう。この場合は、足りない分をあなたが手持ちのお金で補うことが必要になります。

 

これらは、ディーラー下取りや販売店下取りであっても同じです。

 

ローンが残っている車や払い終わっていない車を売るのに必要なこと

 

自分の車を高く買い取ってくれる店を探しましょう

 

肝心なことを、最後にもうひとつ付け加えておきますが、ローンが残っていることで査定が不利になるといったことはありません。国内の買取店の多くが、所有権の解除も含めて引き受けてくれますので、特にあなたが知識を持つ必要もないのですが、査定価格は千差万別です。

 

新車を購入するから下取りの予定にしているであっても、単にお金が必要になったので売却するであっても、買取店の査定は最低でも2〜3社以上にお願いするようにして下さい。

 

やっていなかった事を後に後悔することになるはずです。

 

 

▼まとめて買取店に査定依頼!これで高く売れました

 

 

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法