ガリバーの悪い評判がネット検索で目立ち過ぎて信用できない。

ガリバーの悪い評判がネット検索で目立ち過ぎて信用できない。

ネットで評判や口コミを調べることができるようになって、消費者側も、これまで以上にあらゆる情報を知識として入れることができるようになりました。

 

やっぱり、利用したことのある人の反応や感想というのは、最も参考にしたいものです。

 

 

車を買い替えしようと思い、調べたりするとガリバーの悪い評判がとても目立つことに気がつきます。

 

もちろん、書かれている人は、そういった経験の上で書いているのかもしれないですが、そういった悪い評判が多いにも理由があるのです。

 

多くなってしまう理由から考えてみましょう。

 

 

ガリバーの悪い評判が目立ってしまう理由

 

1.店舗の数が桁違い

 

ガリバーは、すでに全国で420〜450店舗が展開されています。1県に10店舗ですよ。

 

そもそも他の買取店とは母体の大きさが違うので、取り扱ってる台数も他の買取店とは桁が違います。

 

その中で、悪い評判が出てきてしまうのは必然とも思います。

 

 

2.歴史が長い

 

不景気の中で淘汰されていく買取店。その中でグイグイと右肩上がりに成長してきたのがガリバーです。

 

インターネットよりもずっと早くから、ガリバーという店舗は存在していますから、ここ数年で大きくなってきた中古車販売店よりも、古くからの評判が残っています。

 

 

悪い評判のほとんどは人の問題なのでは?

 

圧倒的に他の買取店よりも、扱っている数が違うので、悪い評判が目についても仕方ないのかもしれません。

 

 

セブンイレブンの評判と同じような感じではないですか?

 

こっちのセブンイレブンは感じがいいけど、あっちのセブンイレブンは行きたくない。でも、取り扱ってる商品って全く同じものですからね。

 

 

結局は、店員さん次第で、お店がどーのこーのではなく、相手をしてくれた人の対応や態度の問題であることが多いです。

 

 

査定の価格が安いだとか高いだとかは、どこの買取店であっても同じようなにクレームがでます。

 

結局のところは、相手の人間次第ですから運とも言えますね。


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法