友人や同僚が車を譲って欲しいと言われたら知っておいて欲しいこと

知り合いに車を個人的に譲って欲しいと頼まれたらどうするべきか?

 

車の買い換えを考えてるいると、時に、知り合いから車を譲ってほしいと言われることはないでしょうか?

 

それが、家族であったり、親戚であれば、損得も考えることなく譲ることもあるでしょう。

 

しかし、それが友人であったり、職場の同僚であったりすると、話しは少しややこしくなったりもします。

 

 

友人や同僚に車を譲る前に知っておいたほうが良いこと

 

車を譲ると言っても、無償で譲ることもあれば、お金を頂いて売るようなこともあります。

 

タダで車をあげるのであれば、さほど後々に問題が起きることもありませんが、お金を貰って譲るとなると、場合によってはお互いの関係が微妙になってしまうことも・・。

 

注意しなければいけないのは以下のようなことです

 

  • 取引の責任が明確でない
  • 車の故障は起きることはないか?
  • 所有権の移転など登録をきちんとできるか?
  • 譲る価格が適正であるか?

 

 

取引の責任が明確でない

 

車を個人でやり取りするとなると、お金のやり取りそのものも、いい加減にはできません。

 

あなたも車を譲って、次の車の購入の資金になどと考えているのであれば、いつ、どのタイミングでお金を貰えるのかなどを、しっかりと話合っておかなければいけないでしょう。

 

また、個人でのやり取りになると、そもそも契約書のようなものを結ぶことはありません。

 

あなたの事情で、やはりお断りしなければいけないことが起きたり、相手が突然に購入をやめることが起きても、責任が明確でないために、単に振り回されただけで終わることはあります。

 

単に口約束の不履行なだけで終わればいいですが、二人の関係が悪化する原因になります。

 

車の故障は起きることはないか?

 

車というのは、乗り続ければ必ず故障が起きます。どんなモノにも消耗が起こり、寿命は必ずやってくるからです。

 

あなたがこれまで乗っている間に、事故はもちろん、故障などしたことないと思っているかもしれませんが、相手がそれを手に入れて乗り始めた途端に故障は起きるかもしれません。

 

あなたに悪気はなかったとしても、相手はそう思ってくれるとは限らないものです。

 

また、すでにあなたから車を買おうと決めていたのに、相手に譲る前に、何かしらのトラブルが起きれば、あなたも損をすることになりかねません。

 

約束してたから、修理してから渡してあげないといけないと思うはずです。

 

しかしながら、それが値段のはる修理代金になってしまえば、譲ってくれと頼まれたあなたが、かなりの損を被ることになります。

 

また、故障してしまったから、話は白紙に戻そうということになれば、先に書いたように、責任が明確でないために、二人の関係は悪化の原因になります。

 

 

所有権の移転など登録をきちんとできるか?

 

車の譲渡は、所定の手続きがあります。

 

経験したことのある人であれば、大したことではないのですが、初めてとなると、やはりいろいろと知らないことが多く大変です。

 

お互いに、それを理解できていて、すんなりと事が進めばいいですが、もたもたしている間に、印鑑証明の期限が切れてしまったということもあります。

 

※発行から3ヶ月内のものが必要

 

 

また、ローンで買っていた車には、所有権がついてあることが多く、その場合は、ローン会社などに譲渡証明書の発行をお願いしなければいけません。もし、ローンが残っているとすれば、その残債も払う必要があります。

 

※譲渡証明はローンが完済していることが条件

 

すでに経験のある人であれば、名義の変更はさほど難しいものではありませんし、行政書士さんなどにお願いしてやってもらうこともできます。

 

トラブルになるのは、それらの移転登録によって年度内の税金はどちらの負担になるのか?といった細かなとこまで話しが及んでいないことです。

 

後々に、納税通知がうちにきたのだけれどと、知り合いに言うのも言えないといったことも起きるでしょう。

 

移転登録と税金の関係をお互いが知らずにいると、トラブルになりやすいです。

 

 

譲る価格が適正であるか?

 

トラブルの原因になる最たるは、やはりお金の問題になります。

 

譲ってもらうほうは、車屋さんで購入するよりも安く買えるならという思いが必ずあります。でなければ、あなたに譲ってもらわなくとも、販売店で購入すれば良いですからね。

 

また、譲るあなたのほうは、下取りに出しても同じことだからと安易にその価格で譲ることもあるでしょう。

 

ところが、それが後に大きなトラブルへとなることは、すごーく起きます。

 

 

車を譲って3ヶ月もしないうちに、相手が車をすでに売っていたということがありました。

 

彼は、また、他に欲しい車があったからといいますが、どうやらすでに車は売却したとのこと・・。

 

 

もし、それが、自分が譲ってあげた時よりも、高い価格で取引きされていたらどうでしょうか?

 

いい気分はしないですよね。

 

 

また、あなたは、ほんとに下取り価格程度の価格で譲ってあげたはずなのに、相手が試しに査定など受けてしまったらどうでしょう?

 

それよりも、高い査定価格であれば、あなたに黙って「いい買い物だったなー」と素直に喜びますが、それが、買い叩かれたような価格だったとしたら・・。

 

※買取店は売る気のない人には適等に買い叩いたような価格を言うことはよくあります。(個人の主観です)

 

 

自分は良かれと思って譲ってあげたはずなのに、相手は、なんだか高く掴まされてしまったなーと勘違いしたりしないででしょうかね?

 

 

お金を実際にやり取りすること以上に、こういったトラブルは起こります。お互いに黙っているだけに、表面化しないトラブルですが、譲る価格が適正であるかは、神経質になって考えるほうが良いはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

友人や同僚が車を譲って欲しいと言われたら知っておいて欲しいこと|車の個人売買関連ページ

車個人売買の注意点まとめ|車の個人売買

車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法