中古車高価買取り

高く買ってくれるお店はここが違う。中古車高価買取店の条件とは?

 

車を高く査定してくれるお店と、安い査定しかしてもらえないお店。一体どこが違うのでしょうかね?

 

少しでも高く売りたいので、できれば自分で高価買取店を見極めることができれば、手間も減るなと考えておられるかもしれません。

 

高価買取りを実現してくれるお店を見極める前に、2つほど車の査定に関する裏側について触れておきましょう。

 

・あなたから買い取った車はどうなるのか?
・そもそも査定価格はどのようにして決まるにか?

 

この2つを知ってもらうことで、あなたの車はグッと高額査定に近づくはずです。

 

あなたから買取りした車はどうなるのか?

買取りされた車は、カーオークションへ出品されるのが原則です。これは、買取りだけに限らず、ディーラーで下取りした車などであっても同じと思ってよいです。

 

そのままお店で販売すると思われてる方も居ますが、実はそれは間違いです。

 

車の評価額は、時間が経てば安くなる一方であり、在庫で抱えるリスクはかなり大きいのです。買取りした車がすぐに売れていくものであれば、数週間程度は、店頭に並ぶこともありますが、長く持ち過ぎると、いつしか買取りした価格(仕入れ値)でも、売れないほどに値下がりしていきます。

 

原則は、買ったらすぐ売るのが鉄則なので、買い取られた車は、翌週には、どこかのオークション会場に並んでいることになります。

 

そもそも査定価格はどのようにして決まるのか?

当然のことながら、この流れですから、オークションで落札される価格を予測して、それよりも安い価格であなたから買取りしなければなりません。

 

つまりは、オークションの相場を見ながら、あなたの車を買う価格を決めているだけの話しなのです。

 

大型の中古車販売店などでは、自店で中古車として販売するので、中間マージンを浮かせることで、より査定価格を高くできるというお店があります。

 

しかし、それは私は嘘であると断言できます。なぜなら、それはカンタンに答えを説明できます。オークションよりも高い価格で査定ぜずとも、必要なときにオークションで買えばいいからです。

 

高価買取店とはどういう条件が必衰なのか?

 

上の2つのポイントを理解できていると、高価買取店の条件はたったのひとつしかありません。

 

買取りした車を売る価格というのは、どの買取店であってもディーラーであっても同じなのです。行き先は同じなのです。

 

つまり、高価査定というのは、裏を返せば、それだけ利益を減らして買取りしてくれるお店ということです。

 

高価買取店というのは、結局のところは、自分の懐を痛めてくれるお店だということです。

 

懐を自分から痛めたい買取店はない。だから、痛めてもらうしかない

 

これは、買い物をするにしても同じですが、みなさん値切りますよね?

 

「いえ、そんなこと滅多に言いません」

 

・・・。そうです。実は、多くの人は言うほど値切ったりはしないのですよ。実際には。

 

査定価格というのは、なんだかイロイロとチェックした上に、しっかりと調べる時間をとって最適な査定価格を算出しているように見せるかもしれないですが、そうでもありません。

 

「だいたいオークションで100万円くらいだなー。じゃ、80万円にしとくか。」

 

たった、この程度です。

 

しかし、そんなカンタンにお客さんが「はい。いいですよ。どーぞ。」とは言わないですよね。そもそも、お客さんってのは、それが適正な価格なのかがわからないワケですから。

 

 

でも、次のお店にあなたが行ったらどうでしょう?

 

そこで、78万円とか言われれば、それは安いと思うでしょうし、90万円なんていきなり言われたら、さっきのお店はどんだけ安いんだっ!って思うかもしれません。

 

 

しかし、そこで80万円って言ったお店に、もっかい行ったらどうなると思います?

 

まあ、ほぼほぼ91万円では買ってもらえます。

 

つまり、最初から自分の懐は痛めたりしないんですけど、他が高いとわかれば痛めることはできるってことなんですよ。

 

【次のページへ】 → 査定価格を比較しないヤツは高く売れない!

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法