車を売る時に知っておきたい自動車税と還付金のこと

車を売る時に知っておきたい自動車税と還付金のこと

車に乗っていれば、年に1度自動車税を払う必要があります。ところで、あなたが車を売るときに、この払った税金はどうなるのでしょうか?

 

知っておくことで、うやむやにされずに済みますから、一通りは理解しておくと良いでしょう。

 

 

自動車税は未納のままだと名義の変更ができない

自動車税は、4月1日時点で、自動車を所有している人に課せられる仕組みになっています。4月終わり頃に納税通知書が届き、5月末までに納める必要があります。

 

自動車税を期日までに払い終えてない人が多すぎて、ちょっとした社会問題にまでなっていますが、いずれ払わないといけないことに気がつきます。なぜなら、自動車税が未納のままに車を人に譲渡することはできないからです。

 

 

車を乗り換えたいであったり、売却したいと思ったときには、自動車税納税証明書が必要です。これは陸運局に名義の変更をする際に必要になります。税金を滞納したままで、車の所有者を移すことはできないのです。

 

自動車納税書が見当たらない時はどうする?

ついでに知っておくと良いことですが、自動車納税書をきちんと保管していない人も多く居ます。払い終わっても、スタンプの押された通知書の端切れをもらうだけなので、何も考えずに捨ててしまうことがあるのですよね。

 

車を手放すときになって、「自動車納税書ありますか?」と聞いても、持っていない人は多いです。まあ、仕方ないといえば仕方ないのですけど。車検でも必要なものなので、貰ったら車検証と一緒に保管しておくのが好ましいですね。

 

自動車納税証明書は無料で再発行が可能です。(※地域により手数料が必要な場合があるそうです)普通自動車であれば県税事務所。軽自動車は市区役所で貰うことができます。

 

ちなみに、車検のときでも納税証明書を用意した事が無いと言う人もいますけど、車屋さんが好意で代行して貰ってきているだけです。もちろん、知らずに幾らか請求されてるかもしれないですが。

 

 

車を売る時に知っておきたい自動車税の還付制度

自動車税には、還付制度があります。そもそも自動車税は前金の制度です。、その年度の1年分を前払いしています。

 

例えば、5月に税金を収めた人が6月に車を買い換えるとなると、残りの9ヶ月分は余計に払っているようなことになります。基本的には、自動車税は、その自動車を廃車する際に残りの期間分の自動車税を払い戻してもらえるものです。それを還付と呼びます。

 

しかし、車を売却する際は、自動車の廃車をするワケではありませんから、自動車税が国から戻ってくることはありません。そこで、車の売却の際には、返ってくるであろう自動車税分の金額が、下取り査定や買取価格に上乗せするのが一般的です。

 

あまり細かいことまでわからないユーザーに、ディーラーや買取店も、いちいち細かに説明しないこともありますが、自動車税の還付分は買取価格に含まれていると思うほうが良いでしょう。また、自動車税だけでなく、リサイクル料金なども同じように扱われることがあります。

 

ただし、そういった事を知らないことをいい事に、見難い見積書でうやむやにしてしまうのが業界の悪いところでもあり、あなたが知らずに損しているかもしれません。基本的には、車を売る際は、査定価格に自動車税の還付分は含まれているものですが、確認の意味で、「自動車税の残りは込みですか?」と訪ねておきましょう。


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法