貰った見積書を他店に見せることは非常識なのか?

見積書を他店に見せることは非常識なことではない

なぜだか、査定の見積書に関することで、ブログを読んでくださってる方から、非難のメッセージを頂きました。

 

車の査定は比較することが絶対で、車を高く売りたいのであれば、下取り価格や買取査定の見積もりを比べるのは当たり前のことです。

 

買取店は、見積書を書面でわざわざ出してくれることは少ないですが、貰えるのであれば貰っておくほうが良いでしょう。

 

 

さて、本題ですが、交渉において、貰った見積書を他店に見せるのは、常識人としてオカシイと言うのです。

 

他店に見せるのは非常識だと・・。そうしたいのであれば別に構わない話しですが、見積書は比較されるのが常識ですし、比較する人は非常識ではありません。

 

 

家を買うのに見積もり書はいるでしょ!

 

新築のお家を立てるのに、ハウスメーカーさんや工務店から見積書って頂きますよね。もちろん、まったく同じ家を建てようってワケではないですから、その物件と価格を見て、価値を自分で判断して、どこかの業者に発注をお願いするのです。

 

普通に、見積書って、他の業者さんにも見せますし、それを非常識だなんて思ってる人はいないワケですよ。むしろ普通にことです。

 

 

ところが、中古車は、査定をしても、見積りらしい見積もりを書面で貰えることは、ほとんどありません。

 

ごくまれに貰えたとしても、それを他で見せるのは、非常識じゃないかと文句がつきます。

 

 

・・・。いや、それって、オカシイでしょ。

 

非常識ではないのです。お客さんは、見積書を貰うこともできますし、それを他の業者に見せることも許されます。

 

多くの買取店は、他に車を取られまいと、見積書を出さずに、口だけで伝えます。

 

 

成績があがらない買取店営業マンに教えてあげたいこと

 

私は、まあ、そこそこに成績の取れてる側の営業でした。買取店の仕事は、自分に向いていたのかもしれません。

 

いえ、すいません。自分はそんなにテクニックのある営業マンでもないですし、ごく普通な程度しか仕事もできない程度だと自分では思うのです。

 

しかし・・・。

 

中古車査定の世界って、そもそもユーザーのことを、どう考えているのだろう?って思うのです。

 

ちなみに私は、見積書を出すほうの買取屋でした。地元では、僕だけだったと思います。ディーラーが新車の見積もりに下取り価格を書いてることはありますが、買取店が査定価格の見積もりをキチンと出してるのは僕だけでした。

 

下さいって言われる前に渡してましたよほんと。でも、私は他店に見積もりを持っていかれようが、他と比べられようが何とも思いません。それは、お客さんにとっては、当然、そのほうが高く売れるから良いに決まっています。

 

 

どうにか安く買ってやろうとか、適当に言いくるめて騙し取ってやろうとか、そういう営業しているヤツが多すぎるんですよね。

 

だから、しっかりお客さん側に立っている私は、お客さんが戻ってきます。それは私の実力ではなく、相手が酷すぎるので、こんなにラクなことはありません。

 

営業マン気取りなできない、ヤツが多いので、当たり前に、お客さんの側に立っている私の圧勝です。

 

あなたがお客さんから車を買えないのは、私の査定価格が高いからではなく、あなたの印象が私よりもよくないというだけなんですよ。

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法