タイミングベルトの交換時期と費用工賃

タイミングベルトの適切な交換時期は?

タイミングベルトの交換は車に乗ってる人は、1度、2度は通ったことのある道かもしれませんね。

 

大抵の場合は、車検のときに話しを持ちかけられることが多いと思います。一般的には10万kmで交換するのが目安なようになっているのですが、本当に交換は必要なのでしょうか?

 

私は、一度、走行中にタイミングベルトが切れてしまったことがあります。プスンって車も止まってしまいますからね。道の真ん中だったりしたら最悪です。そこで止まったら、うんともすんともエンジンは言いません。道の脇まで頑張って押しましょう。

 

ベルトは消耗品なので、いつかは切れるものなのですが、前兆のようなものがありません。厳密にいうと、ベルトは切れるよりも、まず次第に伸びてきますので、点火時期がくるって、車の調子も悪くはなっていくのですが、今どきの車は、コンピューターがそんな狂いも修正してくれたりしますから、ふつうに乗ってる分にはわかることはないでしょう。

 

 

 

タイミングベルトは、ある日、突然に切れます。プロであっても、それを予測することはできませんから、10万キロ走行を目安に定期交換するのが一般的です。


 

 

 

タイミングベルトが切れる前兆はあるのか?

 

ベルトを直接確認して見ることはできる?

 

ベルトの交換となると、なかなか大変な作業なのですが、確認してみるというだけなら、実はさほど大変なことではありません。ヘッドカバーというカバーをはぐればとりあえずベルトは見えますので、劣化の状態を直接みることもできなくはないのです。

 

と、いっても、何もわかってない人がカバーをはがすのはご法度。

 

やはりトラブルの原因になることは必死なので、安易にヘッドカバーをはぐるべきではありません。まあ、修理するほうにしてみれば、確認してくれといったお客さんには交換を薦めるでしょうから、素直に10万kmで交換するのが間違いは起きにくいかもしれません。

 

異音や臭いで気がつくこともできなくはない

 

タイミングベルトは、いきなり、ぱっつりと切れることもありますが、大抵のパターンは、ベルトの寿命でボロボロになって切れていきます。

 

ボロボロになっている過程で、ボンネットの中から、ベルトがキュルキュル〜と音を立ててることがあります。

 

これは、エアコンやパワステのベルトなどでも発生するために、混同してしまいますが、プロが聞けばどちらから鳴っているかはすぐに判別できます。音に気がついたら、修理工場などで聞いてもらうのが良いでしょう。

 

 ※ガソリンスタンドとかではダメですよ。

 

また、ベルトはゴム素材のため、ボロボロになったベルトがそのまま回っていると、摩擦熱でゴムが焼けた臭いを出すことがあります。なんだか、燃えカス臭さを感じたら、これも修理工場などで判断してもらいましょう。

 

 

 

よく気をつけていれば、タイムングベルトの異常とまではわからなくとも、何かしらの異常には気がつくことはできます。音と臭いは、たまに気にされてみるのがいいですね。


 

最悪切れてから交換するのではダメなのか?

 

ベルトが切れると、エンジンを壊してしまうといったことも聞きますが、今どきのエンジンは壊れることは少ないです。バルブとピストンの間に余裕があれば、ベルトが切れても干渉せずに無傷で終わるように設計されています。と、言っても、絶対ではないので、やはり切れないに越したことはありません。

 

切れてしまえば動かせませんから、会社に向かう途中であれば遅刻、欠勤になりますし、レッカー代もバカになりません。

 

しかし、見方を変えると、最近は自動車保険などでロードサービスが付いているものが多いので、レッカーはお金もかかりませんし。高い工賃を払ってタイミングベルトを変えるくらいなら、切れるまで乗ってしまえばいいという人もいるでしょう。

 

タイミングベルト交換の工賃は察する通り・・高いです

 

タイミングベルトの交換は、車によってもかなり違います。いわゆるセダン系の車であれば、5万円くらいで済ませてくれる修理工場もあります。ですが、ベルトだけの交換というのはあまりなく、同時にウォーターポンプという部品も交換することが多いです。だいたい同じくらいの時期に壊れてしまう部品で、作業箇所が同じなのでついてに換えておくのは賢明です。

 

まあ、耳にしてるひともいるでしょうが、ディーラー修理になると10万円前後はやはりする作業になりますね。ちなみにエンジンを降ろさないとベルトを交換できない車などになると20万円を超えることもあります。数年前のエスティマなんかは、修理屋さんも嫌がるほどに面倒くさかったです。

 

 

 

交換時期と言われたら買い換えも検討してみる

 

タイミングベルトの寿命が気になるようなら、この際に、車を買い換えるというのも一考です。ベルトの交換だけでも、そこそこに費用がかかっていますが、これにタイヤ、ブレーキパッド、車検などの費用が一度にかかると、あっさりと30〜40万円なんてことも車によっては珍しくありません。

 

車検が近づいてきてから、急に買い換えるなんてことになるのは、よくある話しですけども、満足な買い物にならない気もします。やっぱり、車ってすごい高い買い物ですからね。慎重に選んで、上手にお金を使いたいものです。

 

上のような部品を交換して、車検を受けても、またすぐに他の不具合が起きることもあります。せっかく30万円も使ったのに、結局は買い換えるなんてこともあるかもしれません。

 

こうなると、上で変えた部品代はまる消えしてしまいます。下取りや買取査定では、これらの部品交換がプラスに査定されることはなく、換えてあるのが当たり前にしか取られません。交換してもしなくても、査定価格って実はほとんど変わらないのですよ。

 

 

タイミングベルト大丈夫かな?と思ったら

 

ベルトの交換をして車検を受けるのもひとつの手ですが、車が6年、7年となってくると、他にも故障の原因は潜んでいるでしょう。壊れてから買い換えるのもアリですけども、せっかくなのでこの機会に自分の車を査定しておくほうが良いでしょう。

 

今なら30万円で売れる車も、次の車検の時には0円になってるかもしれませんし、ベルト交換と車検ともなると、普通車であれば15万円近くは最低でも必要になってきますしね。

 

部品を交換したからといって、特にプラス査定みたいなこともないので、今のままの状態でいくらで車が売れるのか知ってから、買い換えと修理のどちらにするかを検討してみるのも悪くないと思います。

 

 

●こんな記事も読んでいます
一括無料査定を利用する圧倒的なメリットとは?
車は何月に売るのが良いの?

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法