10万キロ走った車は査定が安いのか?

多走行車と査定価格の関係

 

よく、査定に関する質問で多いのが、走行距離と査定価格がどれくらいの関連があるのか?

 

もちろん、多く乗られた車よりも、あまり走っていないほうが車は高く買取りされます。中古車価格も高いです。

 

そのひとつに10万キロという目安がよく挙げられます。

 

しかし、車によっては、これはあまり関係がないこともあります。少し詳しくお話しましょう。

 

どうして10万キロが目安にされているのか?

 

車には、消耗部品も多く使われています。身近なものではタイヤやブレーキのパッドですが、足廻りに使われているゴム部品なども、年月と共に劣化します。

 

特に、消耗が激しいのは、ベルトです。ボンネットを開くと、エアコンやパワステに使われているベルトが見ることができますが、これらは、比較的安いものです。

 

一番、厄介なものは、みなさんもよく聞くであろうタイミングベルトです。ベルトそのものは数千円ですが、この交換作業は、大変なもので、普通車であっても5万円前後。少し面倒なワンボックスカーなどになると、中には10万円を超える工賃が必要になることもあります。

 

このベルトの寿命が、おおよそで10万キロとされています。もちろん、間違って走ってる途中で切れてしまうと車はそこで走ることはできません。

 

また、場合によっては、ベルトが切れることで、エンジン内の部品が衝突して、そのままエンジンを壊してしまうことがあります。こうなると、10万円どころの出費ではありません。そのまま車を買い換える人も多くいます。

 

国内では、割とこのことが浸透していますので、10万キロ走った車は敬遠されることになります。実際には、すでに交換済みであったりする車もあるのですが、中古車であるがゆえにそれはわかりません。

 

また、交換していない中古車を購入すれば、すぐ直に、交換のためのお金がかかってしまうので、どうしても売れにくい車になってしまいます。

 

中古車の売れ先によって走行距離はあまり関係がなくなる

 

しかし、これは、実は国内の需要を見た場合です。例えば、10万キロ走って、ベルトも交換していなくても、高く売れる車があります。

 

次の行き先が海外であったりすると、走行距離は10万キロを超えても、そこそこに高い価格で取引きされている車があるのです。

 

ハイエースなどは、その代表です。

 

海外といっても、いろいろありますが、大陸の内部の国などは、移動の距離も日本とは全く異なります。日本から輸出された車が、すでに50万キロ走っているなんてことも、そう珍しくはありません。

 

トラックなどの産業車は、10万キロなんてものは、まだ全然走ってないほうに入ります。

 

自分の車は、そういった国で人気のある車なのか?というのは、車それぞれによって違いますので、ここではひとつひとつは書けないのですが、中古車販売店でも、走行距離が多いのにえらく高いなーと思える車はソレと思って間違いないです。ランドクルーザーとかですね。

 

いずれにしても、それを知ったところで、車を高く売ることとは関係がありませんから、一番高く買う買取店は?の記事をしっかりと読まれてください。

 

・トップページへ
1番高い車買取店はどこ?

 

 ズバット買取比較
クルマを高く売る

 

154社もの提携買取店がある大型の査定サイト。大手買取店のみでなく、地元のローカル店までもが参加しているので、査定価格が最も高いお店が見つかる。

 

ぬかりなく査定価格を調べるのに使って欲しいツールナンバー1の比較サイト。

 

>>公式サイトはこちらから

 

 

カービュー査定
クルマを高く売る

 

老舗の一括査定サイト。最大で8社の買取店で査定が可能。査定したい会社を先に自分で選択することもできる。 山わけの賞金キャンペーンあどもあり、抽選に当たればお得かも?

 

>>公式サイトはこちらから

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法