相場を変動させるモノとは何か?

相場を変動させるモノとはなにか?

「今すぐに売ってください」

 

「相場は変わるものですから、来週にはわかりません」

 

買取店が車を売ってほしさ故にクロージングで言い出す、この台詞。

 

まあ、明日はわかりませんみたくまで言うのは、ちょっと言い過ぎでしょう?ってのは私も同意ですが、まんざらウソでもありません。

 

そもそも、相場はどうして変動するのか?

 

※関連記事もどーぞ
買取相場なんていうもは存在しない
相場や価格表は超タイムリーでなければ役に立たない

 

需要と供給の関係?でも中古車が余りまくってるニッポンって国

 

欲しい人がたくさんいるのに、車がなければ価格は高いですし、逆はもちろん安くなるというが一般論です。

 

しかし、国内では、すでに中古車はあふれんばかりに余ってます。相場は変動というよりも、落ちる一方方向であるのが自然です。

 

続々とニューモデルが登場しますから、数年経った車は、あっと言う間に旧モデル。需要なんてすぐになくなります。

 

そもそも国内の需要と照らして考えれば、相場は変動ではなく、一?的な下落でしかありません。

 

中古車の相場は海外との取引で支えられている

 

あふれてしまう中古車ですが、実に、日本で湧き出てくる中古車(皆さんが手放した車)の6割近くは、船に乗って海外へと出ていきます。

 

比較的年式の新しい人気の車種でなければ、船に乗ってるってことです。

 

もうじき、3代目プリウスが続々と中古車市場へとあふれることは想像がつきますが、いまさら、このプリウスの中古車に国内需要が盛りあがることはありません。ほんと、国内だけの需要でいえば、タダみたいな価格になることもすぐに来ます。

 

しかし、そこを支えているのが、海外貿易とも言えます。ほんと輸出国さま様ですよ。

 

 

相場の変動は、この海外の影響が非常に大きいです。

 

理由はカンタン。為替の相場の変動あれば、取引される車の価格はそれだけ変動しやすいからです。

 

今月、1ドルが100円だったのに、来月120円だったりしたら、実質2割も価格が変動するわけです。

 

先月査定してもらったら100万円だったのに、今月聞いたら80万円だったっていう話は、実際に起こりえるんですね。

 

 

もちろん、全ての車が海外で人気があるワケではありません。車によっては、全く海外から見向きもされていない車種もあります。

 

売ると決めたらなるべく早くってのも、まんざらでもないんですね。

 

 

●高額査定確実の裏ノウハウ
一番高い車買取店はどこだ?を最初から読むにはこちら


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法