匿名や無記名で無料査定をする高く売れない人たち

匿名や無記名で無料査定を利用しようとする人たち

あのー、最初に言っておきますけど、、匿名でなんとなく査定価格知りたいからって問い合わせはしないほうがいいですよ。

 

例えば、こういうサイト(査定リンク)とかあるじゃないですか?

 

本名ふつうに言っても大丈夫です。まだ売りたくないなら売らないって言えばいいだけですから。

 

と、ここで言っても、あなたしか見てないので、匿名だとか、無記名だとかはなくなるワケではないのですが、偶然でも、ここ見た方には、得してもらいたいので、今日も黒いお話をしましょう。

 

買取店のお仕事は、買うところからしか仕事が始まりません。基本的に、査定はすべて無料で行うので、もちろんそこでは代金は発生しないのが、辛いところです。

 

これは、どういったことかと言いますと、適当に私たちの時間を使われることもあるということです。どれくらいの価格で買ってもらえるのだろうか?と興味だけで、電話が鳴ることが1日に数回ありますが、こういったお客さんにもキチンと対応していかなければいけません。

 

興味があるというのは、その人自身が買い換えを予定しているであろうかもだし、あるいは、知人や周囲の人の代理であったりもします。ちょっと、裏な話をすると、どこかのディーラーの営業マンさんが、出先で下取り価格の設定に悩んでこっそり電話してくるなんてこともあります。

 

しかし、いずれにしても、興味の裏には、必ず車がるということです。ですから、その興味をうちの店へと向けてもらわなければいけません。うちのお店に参考程度に価格を聞いてみようという人なんてのはザラにいます。参考にするだけして、他人に売るだとか、仲の良い昔からの馴染みの店に売るだとか。

 

その上、フリーダイヤルでかけてきたうえに、だいたいの価格でいいので教えてくれと言うクセに匿名だったりする人もいます。メールに名前や連絡先もない人も・・・。いくら無料といえども、さすがにこういうのは、コチラも面倒くさいわってなるワケです。

 

しかし、先ほども書いたように興味の裏には、必ず車があります。仕事があります。こういった人たちであっても、どうにかコチラに興味を持ってもらわなければいけないワケです。

 

こういう人たちには、残念ながら、私も誠意を持って対応していけないこともあります。やむを得ないのです。お仕事ですから。

 

適当に利用しようとすると返って振り回されてしまう人たち

コレを読んでくれているあなたに限って、私に匿名あてで問い合わせなどないと思いますので、今から意地悪なことを書きますが、、

 

私に匿名で査定価格を聞いてくれと言ってきたお客様には、もれなく無料で、無責任な超高価査定価格が付いてきます。

 

そりゃ〜、もう、他所では、絶対に出せないような価格です。日本中探しても、私しかそんな価格では買えないような設定です。ほぼ店頭の売りに出ている中古車価格と変わらないような。

 

すると、お客さんはどうでしょう?

 

もともと車の価値なんてわからないのだから、「はい。ありがとー」くらいに軽く私電話切られちゃうんですよ。でも、仕方ないです。私、あなたのこと知りませんから。匿名だし。

 

もう、飛びきりの目玉サービスなのに、信じられないくらい、あっさりと要らないって言われたんです・・。あー、ショックでか。

 

でもね。このお客さんは、これからもっと大変な道のりが待っています。

 

なぜなら、長年、とても親切にしてくれてきたお付き合いのある車屋さんが、こういうワケですよ。

 

「いや。ちょっ・・。そんな価格で下取りできないよー。ないない。」

 

 

話、関係ないですけど、多分、人間関係ってこういう些細なことからダメになっていくんでしょうね。

 

「あれ?おかしいな?あの買取店さんに電話した価格と30万円くらい違うぞ?」

 

ここで、これも付き合いだし、まあ良いかという人は、そのままお付き合いの長い車屋さんと取引きすればいいです。何も世の中、お金だけで生きていくよりも大事なこともあるらしいです。でも、大抵の人は、30万円も違うとさすがに引くワケですよ。一ヶ月分のお給料くらい違うワケですから。

 

しかし,どうでしょう?すでにこの時点で、もう気持ちのいい取引きとは言えないですね。

 

当然、人によっては、私を思い出して、もう一度連絡をくれる方もいます。まあ、そのために仕事しているのですけど。

 

きっと、こういう言い方で、もういちどお電話してくださるワケですよ。

 

「先日、クラウンの件でお電話した者なのですけれどー」

 

しかし、残念ながら、私はいちいちあなたのことを覚えていませんし、記録にも残していません。だって、メールも無記名でしたもん・・。

 

「えっとぉー。どちらのクラウンですか?」

 

ここは、意地悪で言ってるんではないですよ。ほんとに、そんないちいち覚えてられないのです。名前のない人が多すぎて(笑)

 

これは、ほんの一例ですよ。もっと嫌な思いするような話なんて山ほどありますから。車を売るにはやり方ってものがあるんですよ。最初から気持ちのよい取引きをお互いにしたいじゃないですかやっぱり。

 

 

気持ちのいい取引きしたい人は → 最初から読んでね。


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法