ウォーターポンプの交換時期と寿命

ウォーターポンプを交換しましょうって言われたら?

 

車に長いこと乗っていると、車検や点検の際に、こう聞かれることがありませんか?

 

「ウォーターポンプの交換をしたほうが良いかと?」

 

聞いても何のことやら?と思われる方が大半だとは思いますが、これは、車のエンジンを冷やすための水を循環させている部品です。

 

 

ウォーターポンプの寿命と交換時期

 

ウォーターポンプの寿命は、だいたい10万キロを目安にすると言われていますが、部品の寿命には個体差があるので、必ずしもそうとは言えません。

 

しかし、部品が悪くなってくると、乗っていてもわかる異音がしますので、音を感じたら修理工場や、ディーラーを訪ねてみるといいです。

 

それから、大抵は、車検時にタイミングベルトの交換と一緒にと薦められます。

 

 

大抵はタイミングベルトと一緒に変えてしまう理由

 

ウォーターポンプ単体で悪くなることもありますが、大抵の場合は、タイミングベルトの交換のときに、一緒に交換を薦められることが多いはずです。

 

ウォーターポンプは、タイミングベルトと同じベルトを使って回している車が大半で、ベルトの交換の際に、一緒に交換しておくことで、修理にかかる工賃を抑えることができるからです。

 

まだ、もう少し長く乗る気である車であれば、タイミングベルトの交換と共に換えておくのは、私も得策だと思います。

 

 

単体でウォーターポンプが悪くなったら?

 

しかし、逆にウォーターポンプのほうが先にほんとに悪くなることもあるでしょう。

 

ウォーターポンプが悪くなるとは、正確にいうと、そこに使われているベアリングが悪くなることです。

 

あんまり、難しいこと書いてもアレですけども、エンジンからカラカラとした異音が鳴ります。

 

この場合も、結局はタイミングベルト換えたほうがいいよね?ってなるというワケでもありません。

 

 

ウォーターポンプの交換工賃は安いこともある

 

昔はそうすることが絶対に得でしたが、近年の車は、もう少し進化しているので、絶対に一緒に換えておく必要がない場合もあります。

 

最近では、交換しやすいように、ウォーターポンプのみを外付けにしている車両も増えたからです。

 

外付けになっている場合、ウォーターポンプ自体の部品代が1万円程度であれば、交換の工賃も含めて2万円程度で収まることもあります。

 

 

これも、車によってそれぞれで、内側にあって、タイミングベルトで駆動しているものであれば、そうはなりません。

 

タイミングベルト交換の費用も車によっては、5万円で済むものもありますが、中には、20万円を超える車もあります。

 

ウォーターポンプひとつ交換するだけなのですが、費用が大きく異なりますので、車ごとに見積もりが必要ですね。

 

 

本当に修理すべきかは考えて

 

ウォーターポンプがくたびれてくる車は、他の消耗品も著しく消耗していることが多いです。

 

修理しながらに、これから乗り続けるにしても、他の交換部品が今後も出てくることは予測できます。

 

そろそろ、車の乗り換え時期と考えて、そろそろ新車を見にいってみたり、一度、買取店で査定してもらい、下取りや買取価格を調べておくにも丁度良い時期になるかと思います。

 

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法