エンジンオイルに高いものを薦められたら買う?買わない?

エンジンオイルが汚れていますね

最近では、ガソリンも自分で入れるようになりましたから、あまり遭遇することもなくなりましたが、一昔前までは、ほんと週に1度くらいは聞かされていた様な気もしますね。

 

「エンジンオイルが汚れてますよー」交換どうですか?って。

 

でも、実際には、先週交換したばかりなんだよ!っていうこともあり得ます。ちょっと、そこいらへんについて今日は書いてみよう。

 

 

いつもエンジンオイルをマメに交換しているひとはいいですが、忘れたころに交換しますって人もいるでしょう。もう、車検でしか交換してないって人も。

 

どれくらいの頻度でやるべきなのかってことなのですけど、やっぱり長く乗りたいのであれば、5000kmか半年がきたらくらいのサイクルで交換はしておくほうがいいです。3000kmの3ヶ月はちょっと過保護な気もします。

 

実際に、エンジンオイルは使っていれば汚れます。言うても、燃料を燃やしながら、ウン百度にもなって走らせてる機械ですからね。

 

エンジンオイル自体も、実際には、酸化して性能が落ちていきますし、それを長ーく使うと、そもそもオイルとしての役割が薄れてしまってる液体を、なんとなく潤滑に使ってるよみたいな事態になってきます。

 

まあ、機械だから、オイル気にしてないと壊れるよってことです。で、こういうことにならなないようにってことで、なんだか、いろんな混ぜものが入っている、お高いエンジンオイルってのがあります。

 

 

 

高いオイルを入れてれば壊れないってことですか?

 

そもそも、新車であなたの車がトヨタさんだか、日産さんだかから来たときに、そんなスペシャルなエンジンオイルが使われているワケではありません。

 

オートバックスなんかに置いてある、下から数えて1〜3個目くらいに安いエンジンオイルが、新車にも入ってきます。(※スポーツカーや高級車を除く一般車の場合)

 

つまり、それと同等くらいのエンジンオイルでもこと足りるワケです。

 

じゃあ、いつもより3倍くらいお高いオイル入れてるから、4倍くらい長く乗ったら、元取れるねっていうのは、ナンセンスです。

 

やっっぱり、次回の交換も、3倍高いオイル入れても、同じくらいの間隔でやっておくことが好ましいのです。

 

高いオイルで長く乗ろうとかよりも、安いオイルでマメにのほうが、個人的には良いと思います。(※科学的には私で答えると嘘ぽいので省略)

 

 

 

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法