ドライブレコーダーのオススメメーカー

ドライブレコーダーはなぜ必要なのか?

 

ドライブレコーダーは、走行している際の動画を記録していくアイテムです。

 

昔では、こんなハイテク機器を車に搭載するなんて考えもしませんでしたけど、近年は、あらゆる映像記録機器が低価格になり身近になりましたね。

 

近い将来には、新車には普通に装備されるのではないかと思っています。監視されてるみたいで怖い気もしますが・・。

 

 

ドライブレコーダーを必要としている人は、少なくありません。主に次の理由の人がほとんどではないでしょうか?

 

  • 事故などが起きた際の証拠を残す
  • 駐車時の盗難防止と犯罪の記録を残す

 

他にも、旅先の想い出を残すために使う人もいますし、中には、警察の誤認検挙がきっかけの人もいるそうです。

 

ドライブレコーダーを選ぶポイント

 

ドライブレコーダーは、機能が多彩なために、価格もそれぞれにバラバラです。

 

目的によって、必要な機能はそれぞれですから、高機能で高いものが必要でない場合もあります。

 

まずは、ドライブレコーダーによくある主な機能をいくつか挙げてみましょう。

 

  1. モニターの有無
  2.  

    取り付けるカメラの位置調整や撮った画像をその場で確認するには、モニターが付いているものが便利です。

     

    せっかく付けたのに、肝心の映像がカメラ位置が悪く撮影できていないなんてこともありますからね。

     

    モニターがあれば、すぐに位置を修正できますし、旅先で運転してきた道を確認するなども、その場でできます。

     

    ただし、ドライブレコーダーにおいて、モニターは必ずしも必要ではない気がします。一度セッティングしてしまえば動かすこともあまりありませんし。

     

    機体そのものが、モニターがある分、場所もとりますから、小型で目立たないものを使いたい人は、モニターは必要でないかと思います。

     

  3. 手動操作機能
  4.  

    ドライブレコーダーは自動で録画を開始してくれるものがほとんどです。

     

    しかし、録画されたものは、常に上書きされて保存していきます。

     

    もちろん、それがドライブレコーダーとして便利なポイントなのですが、中には、手動で録画を開始できるものがあります。

     

    手動で操作可能なものは、記録が別のファイルとして保存されていきますから、消したくない映像などがある場合には重宝します。

     

  5. イベント記録機能
  6.  

    事故が起きた際の記録を確実に残しておくのであれば、イベント記録機能がポイントになります。

     

    運転時の急な操作(急ブレーキや急ハンドル)において、何かしらの異変があった際には、その時の記録が消えずに保存されます。

     

    上書きされることがありませんから、有事の際の記録をあやまって消去されません。

     

  7. GPS測定機能
  8.  

    最近は、スマフォなどでもGPS機能は当たり前に付いていますが、ドライブレコーダーにも内蔵されているものがあります。

     

    映像が、いつどの場所で撮影されたものなのかも同時に記録されますので、事故の際の証拠としても役にたちます。また、速度なども記録できるものもあります。

     

    ※速度の精度はほとんどでませんけども

     

    旅先の想い出も時間と一緒に記録されるってのはいいですね。

     

     

  9. 静止画撮影機能
  10.  

    動画だけでなく静止画を撮影できるものもあります。特に必要な機能というワケではありませんが、モニター付きのカメラなどであれば、デジカメとして使うこともできなくもありません。

     

  11. 駐車時記録
  12.  

    盗難防止のためにはぜひとも持っておきたい機能です。何かしらのイタズラなどで、車が揺れたりした際に、センサーが自動で動いて録画を開始してくれます。

     

    駐車場などで、イタズラされる人などには必衰ですね。当て逃げなどは確実に録画が始まりますので、ショッピングセンターなどでの駐車時にも役立ちます。

     

    ただし、当てた犯人までも映像に記録したい場合は、取り付け位置などにも工夫が必要になりますね。

     

  13. バックアップ電源
  14.  

    ドライブレコーダーは、記録帽体ですから、電源については気を使われたほうが良いですね。ドライブレコーダーは、バッテリー内蔵のものを使われるほうが良いでしょう。

     

 

またカメラそのものの性能もそれぞれです。

  1. 画素数について
  2.  

    画素数は、映像の鮮明さを決めるものです。安いドライブレコーダーでは、30万画素程度のものからありますが、あまりに荒い画像のものは、ナンバープレートまでは、はっきりと撮れないことがあります。

     

    最高に画質の良いものになると、1920?1080 のフルハイビジョンまでありますが、これはやはり高価になってきます。

     

  3. フレームレートについて(fps)
  4.  

    フレームレートは、1秒間にどれだけの画像が保存されていくかのことを指します。

     

    安いドライブレコーダーでは、15fpsくらいのフレームレートのものからありますが、車の事故は、瞬間的なものなので、15fpsでは肝心な瞬間がコマ飛びして入らないことも起きます。

     

    1秒で30コマは最低でも欲しいところです。

     

 

目的によって必要な機能と必要でない機能があるかと思いますので、ドライブレコーダー選びの際には、これらの必要な機能と価格を十分に検討されてみれば良いかと思います。

 

 

 

 

 


車買取 車査定と交渉 新車を安く買う方法